大きな地震

こんな日だったね

大阪で大きな地震

18日にLPのワークショップ、
19日に私サイズで売れる!グループワーク等
東京での仕事を終え、昨夜遅くに滋賀に帰って来ました。

京都や神戸からの受講生さんには、
・当日の揺れ
・小中学校の休校
・家の中の物が落下して壊れたこと
・交通機関や道路の混雑状態
・ガスが止まったこと等々お聞きし、
それなりに覚悟しながら帰宅しました。

滋賀の自宅は、古い日本式住宅。
そこが気に入って購入して10年経ちました。
心配しながら帰宅しましたが、家の中は
落下物も何もなく、ネコ達も元気でした。
2階の本棚が一番気になっていたのでホッ。

東京滞在中、通常業務で滋賀にいた長男に、
地震による業務の影響など確認はしていたものの、
「大丈夫。」としか返信がなく・・・。

もう少し詳細を聞きたかったけれど、
大丈夫とはいえ、送迎など仕事が増えただろうから、
余計な仕事が増えるな、と思ってやめました;;

今回の地震で被害に遭われた方々
心よりお見舞い申し上げます。
早く安心で安全な日々が戻って来ますように。

そしてやはりまた、思い出しました。
阪神大震災。

あの時・・・平成7年といえば
長男8才長女6才、シングルで頑張っていた頃。

古くて狭い県営住宅の天井で
ぐるんぐるん回っている照明器具を
寝ぼけながら眺めていたのでした。

いつものように車で出勤してから
どんどん出てくる被害状況の映像に
職場の人たちと食い入るように見ながら
言葉を失っていきました。

今回の地震で、
その当時のことを思い出した方も
たくさんいらしたと思います。

不安を鎮める

不安を鎮めるために等々
いろんな方々がいろんな知識のもとに、
こうやってみて、ああやってみて、
というようなことを書かれています。

私も心理の講座をやっているものとして、
何かを発信するかどうか迷いました。
迷った結果、発信しませんでした。

地震に対する不安は
あえて鎮めなくてもいい。
そんな風に感じたからです。

「不安」や「恐れ」は
私たちを守ってくれる大切な感覚。

とはいえ、必要以上の恐れは
ストレスとなってしまいます。

苦しくなったら、
誰かを頼ってください。
甘えてください。

このまま大地がおさまってくれますように。

 

 

内田 八千代

お客様を向いた丁寧な仕事を続けていれば、お客様の心を動かすことができる。集客やノウハウよりも大切なことは、魅せて伝える力と丁寧な仕事。そして起業の根っことな...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA