そのままでいいんだよ

ゆるリスト®︎

前回「変わりたい期」について書きましたが、
「そうそう!」
「今の自分じゃ嫌なんです!」
というご感想をいくつかいただきました。
その中で、気になるメッセージがありました。

「自己否定しなくてもいいんだよ」
「今のままで十分あなたは価値があるんだよ」
「十分頑張ってきたんだから大丈夫」
こんなことを言われてカチンときたことがあります。
自己否定なんてしてないのに決めつけられて悔しかったです。

なんと!まさに!
あるあるですよね。

ちょいと心の勉強した人とか
何かの本、テレビで聞きかじったセリフばかり。

「自己否定しなくてもいい」
→自己否定というより、変われる自分を信じてる

「今のままで価値がある」
→誰かに価値を決められたく無い

「十分頑張ってきたんだから大丈夫」
→楽しく頑張ってるから放っといて

余計なお世話だよ、くらいに思っちゃう。

そんなあなたは、間違いなく
「変わりたい期」です。

だけど、同じ人でも・・・
ちょっと疲れて落ち込むこともあります。

そのままでいい期

変わりたい期で、本を読んだり
セミナー受講したりして頑張ったけど、
どうにもうまくいかない、やっぱり変われない。

そうすると、信じていた自分が
何だか情けなくなってきて、
自己肯定感が下がったり
罪悪感から自分責めが始まる人が出てきます。

で、何だか、
周囲の「うまくいってないこと」ばかりに
意識が向いてしまい、

仕事でのミス、
苦手な人がいる職場、
パートナーとのすれ違い・・・

学校でうまくやれない子どもさえ、
自分に似てるような気がして嫌になったり。
嫌なことばかりが目につき、
ネガティブな思考に傾いてしまう。

そんな時の魔法の言葉がこれ。

そのままでいいんだよ

うまくいかないことばかりに意識が向いて、
苦しくなっている時に
「そのままでいいんだよ」って
何だか救われる気持ちになりますよね。

そんなあなたは、間違いなく
「そのままでいい期」です。

多くの人は、この
「変わりたい期」と「そのままでいい期」に
揺れながら、生きているんだと思います。

その人の性格から、
「変わりたい期」メインの人だったり、
「そのままでいい期」メインの人だったり。

どちらが優れている、という話ではなく、
一生懸命やっているからこそ
落ち込むことはあるし、
変わっていくためには、癒しも必要。

人それぞれなんですよね。

大きな本屋さんに行って見てください。
「自分を変えたい」系の本棚。
「そのままでいいんだよ」系の本棚。

絶妙なバランスで
需要があることがわかります(苦笑)

次回でこの一連の話を
まとめてみたいと思います。
お楽しみに。

 

 

 

 

内田 八千代

お客様を向いた丁寧な仕事を続けていれば、お客様の心を動かすことができる。集客やノウハウよりも大切なことは、魅せて伝える力と丁寧な仕事。そして起業の根っことな...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA