起業コーチ/起業コーチングとは

コーチング

コーチなら言わないこと

私サイズの生き方コーチとして、
起業コーチングもしているのですが
まずコーチングということを誤解されている方が多く
コンサルなのにコーチと名乗る方もいらして混乱しがち。

時々ご質問をいただくので、私のやっている起業コーチングは
どのようなものかをまとめてみようと思います。

コーチは「こうしたほうがいい」「あれをしなさい」などの指示はしません。
指示が悪いということではなくて、
指示やアドバイスをするならコーチでは無いということです。

コーチがやることやらないこと

まず、大前提として、
1.否定しない 2.ジャッジしない 3.責めない
4.アドバイスしない 5.決めつけない

そして、
1.フィードバックする 2.いくつもの視点を伝える
3.見えていない未来を見せる(やる気up) 4.ノウハウ及び情報提供をする
5.馬車に乗るのも走らせるのも、道を選ぶのもクライアント自身

じゃあ、何にも教えてくれないの?というと
私なりのノウハウと経験からの情報提供はします。
でもその中からどうしていくかはクライアントが決めます。

自分が決めることが怖い、という方もおられるでしょう。
指示が降りてくる方が楽チンという方もおられるでしょう。

でも誰かの指示で作られていく起業なんて楽しいでしょうか?
自分の時間とお金を掛けて起業している、自分の起業なんだから
もっと自分を信じて、自分で決めて欲しいのです。

そう、起業のひとつひとつが小さな決断でつくられていきます。
私がコーチでなくなっても決断できる人になってもらうためにも
これは本当に必要な部分です。

実際のコーチングでは

AなのかBなのか、今なのか3ヶ月あとなのか、
そもそもやるのかやらないのか。
いろんな迷いは当然です。

その迷いを私に伝えてください。
出来ていないこと、どうしても気が向かないこと、
情けないとか落ち込むとか言ってる時間があったら
コーチの私にぶつけて欲しいのです。

しっかり聞いて、フィードバックします。
それでも迷いが消えなかったらまた話してください。
それについてまたフィードバックします。

…というように繰り返せば必ず、迷いは小さくなっていきます。
そして、不思議と今のあなたにピッタリのやるべきことが
目の前にクリアにあらわれてきます。

やりたくないことは続かない

人はみんな、やりたくないことはやりません。
努力家でまじめな人は、もしかすると
嫌なことでも半年や1年くらいは取り組めるのかな。
でも結局続かないのです。途中で投げ出してしまう。

だから、もしあなたが
起業コンサルについて勉強したけど
途中で頓挫してお金を無駄にしてしまった、
という経験があるならば

起業は向いてない、のではなくて
そのコンサルのやり方が合わなかっただけ。
本当にそれだけのことなのです。

だから、もう一度
あなたの起業を、あなたのお客様のためのサービスを
きちんと作り上げていけばいいと思うんですね。
ここでつまづいて諦めてしまっては勿体無い。

誰のための起業?

誰のための起業?かというと
コンサルやコーチの手柄のためではないですよね。
あなたとあなたのお客様のための起業活動のはず。

あなたの未来を、あなた自身がつくりあげていく過程を
そっと見守りながら、必要な時にはしっかり支援する、
迷っても出来なくても大丈夫、そこにきっとヒントがあるから。
そんな起業コーチングをお約束します。

内田八千代・やっちーでした。
【毎月更新】やっちーに会ってみたい♡

 

 

内田 八千代

お客様を向いた丁寧な仕事を続けていれば、お客様の心を動かすことができる。集客やノウハウよりも大切なことは、魅せて伝える力と丁寧な仕事。そして起業の根っことな...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA