• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ストレスって、結局は私たちの脳で感じる「快」と「不快」。

最近、ストレス耐性が強い・弱いなんて表現も聞きますが、
それって結局は、性格なんだろうなぁと思います。
まじめだったり、心配性だったり、
細かいことが気になる性格だと、ストレスに弱く
楽観的で先のことや細かいことは気にならない、
自分が楽しかったらいい、なんて性格だと、ストレスに強い!
…というよりは、ストレスを感じることがそもそも少ない。
ストレスに対して、個人差があるのは
その人が強い、弱いではなく、性格やその時の環境なのですね。

さて、ストレスの仕組みについては
アロマスクールでも学びました。

アロマの勉強で欠かせないのが、
自律神経の交感神経と副交感神経。
この精油は副交感神経を優位にする、
この精油は交感神経を優位に、
この精油は、自律神経のバランスを整える等
精油の学びで必ず出て来るんですね。

そして、この交感神経と副交感神経は
私たちの身体、臓器の働きを調整しているんです。
だから例えば、交感神経が優位だと
唾液が少なく濃くなる、血圧が上がる、心拍数が上がる、
消化が抑制される等言われています。

さて、私たちの身体がストレスを感じると、
ストレッサー(ストレスの元)の刺激が視床下部へ送られます。
そして、交感神経を緊張させてしまうのです。

ストレスを感じると身体の働きはどうなるの?
監修:宇津木良夫氏
とてもわかりやすく短くまとめられてありました。

思い返してみれば、私が若い頃のことですが
仕事が忙しくて寝る暇もないとか
生活習慣の乱れや生活が変わった等で
よくわからない体調不良に悩まされ、
病院で「自律神経失調症」と言われたことがありました。

お医者さまからは、特にお薬が必要というわけでもなく、
夜ゆっくりお風呂に入って、よく寝る、
食事や就寝の時間を一定にする等言われて
「え?それだけ…?」と思った記憶があります。
でもそれが一番ムズカシイ(・_・;

シングルマザーだった私は、
ガツンと効くお薬出してくれたらいいのに。なんて思ったんですよ。
今となっては末恐ろしい限りです。

自律神経失調症 日本臨床内科医会
ストレスとの関係もわかりやすかったので
PDFですが、ぜひ読んでみてください。

上記にも書いてありますが、
ストレスで身体に影響が出るのは、当然といえば当然なんですよね。
別にあなたが弱いわけではないんです。
だって、ストレスが交感神経を刺激してして、
唾液の濃度や量までが影響を受けてしまうわけです。

身体の仕組みを知れば、
「何ともない!わけがない」と思うでしょ?

頑張っている人たちは、
ストレスくらい何ともない!これくらい私は大丈夫。
と思っているかもしれません。
私もそうだったから、わかります。
ストレスと戦い続けてしまうんですよね。

でも、そのストレスを感じた時、胸がドキドキしたり
呼吸が浅く早くなるのも、ストレスからの身体の反応。
だとしたら、仕事を頑張るためにも
「ストレスと戦わないストレス対策」をしてみても良いのかも。

ストレスによる影響ってバカにできないんですよね。


【対人ストレスに】継続コース
お守りセッション&ヒーリング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA