バリ本場のコピ・ルアク

バリに行くなら、飲んでみたいと思っていた、
コピ・ルアク。ルアックコーヒー。
日本でもいただけるカフェはあるようですが、お安くても1,500円くらい。
リッツの紅茶くらいするんですね。
お値段もですが、せっかくバリに行くなら、
本場のコピルアクを飲んでみたい!
ガイドさんにお願いして連れて行ってもらいました。

入り口は、早速バリっぽさ満載。
3段のパユン(バリ傘)と、ジャコウネコの像が出迎えてくれました。
バリでは、ホテルの入り口やビーチやお店あちこちにパユンを見かけます。
降り注ぐ邪悪なものから身を守ると言われ、
ヒンドゥー教ではとても大切なものだそうです。

どうやらこのお茶が全部試飲として出されるらしく、
コピ・ルアクは1杯500円弱で注文するならどうぞ、という説明。
日本のお土産物屋さんで見るような、しつこいセールスはなく、
田園を見ながら気持ちよくお茶を待ちました。


ホントに全部出てきました。
お口直しという言葉がバリにあるのかわかりませんが、
バナナチップも山盛り。(写真右側)
コピ・ルアクも注文しました!

香りがとても良く、あっさりと飲みやすいお味でした。
何だろう、珈琲って感じの香りではなく、優しい味。
カフェオレが好きな私でも、これはブラックで飲みたいと思ったくらい。
そして、試飲のお茶も結構好みのものばかり。

帰り道に試飲したお茶の販売所があるのですが、
こちらでも全くセールスされず・・・。
ジンジャーティー・ジンジャーコーヒー
レモングラスティー・マンゴスチンティー。
お味が気に入ったこともあって、たくさん買ってしまい、
バリに来てまだ3日目で、既にトランクいっぱい;;

早速、サロンのお客様にお出ししていますが、
ダントツで好評なのはレモングラスティーですね。
個人的にかなりオススメです。

さて、このコピ・ルアクとは、
もうあちこちのサイトに書かれているのですが、
ジャコウネコという猫の糞から取った、
未消化の珈琲豆を使って入れた珈琲なんです。
人の手で糞を採取し、珈琲豆を取り出し、きれいに洗って乾燥させて・・・と
とっても手間がかかっているそうです。

私も最初聞いた時は、えっ?!って思ったのですが、
ジャコウネコの腸内の消化酵素や腸内細菌で発酵されて
珈琲豆に独特の香味になるんだとか。

しかも、この発酵の働きで、
通常の珈琲よりもカフェイン含有量が半分に減る!ということで、
ますます飲んでみたくなりました。

バリに行くなら、一度は本場のコピ・ルアク/世界最高級の珈琲を。
スーパーなどで安価で売っているものは、偽物が多いそうなので
観光客向けとはいえ、やはりこういうところのほうが安心です。
このような施設はあちこちにあるみたいなので、探してみてくださいね。


あなたの人生キャリアアップ!個人セッション継続コース

6ヶ月コース 1回90分×全12回
(期間はめやす)

毎月2回セッションを継続して受けていただくことで
新しい見方や捉え方、変化を定着させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA