(続)自分の機嫌を取るなんてやめたほうがいい

自分のご機嫌は自分で取る!
なーんてやめたほうがいいよって、
メルマガにも書いたのですが、
自分の機嫌を取るなんてやめたほうがいい


たくさんのご感想が届きましたが、
カウンセラーの方からのご感想を
紹介させていただきます。

『やっちーさん、初めまして。
いつもメルマガ拝読しております。

私は恋愛系ではありませんが、
自己肯定感のカウンセラーをしておりまして
いつも本当に勉強になります。

自分のご機嫌は自分で取ろうよと
自分でご機嫌になる秘訣などを発信してきました。

今日のメルマガは正直な気持ち
ちょっと待って、やめてよって思いました。

今までメルマガ読ませてもらってきて
やっちーさんの言うことは
もっともだと思うことばかりだからです。
次のメルマガが気になってたまりません。』
40代 mona様

monaさん、ありがとう。
そのほかたくさんのご感想が
届きました。ありがとうございます。

さて、さっそく続きです。

あなたも今まで、
彼や夫など「親密な関係」の人との間で

すぐ不安になったり、
すぐ感情が振り回されたり、
不安いっぱいになっていたかもしれません。

そんな時、
自分で自分の機嫌を取ろうと
頑張っていませんでしたか?

それです、それ。
自分のご機嫌は自分で取るなんて
やめたほうがいい。

もう一度、
心理学者ジム・コーンの言葉を書きます。
『愛する人は心と身体の調整機能である』

私たちは「愛すること」を
学ぶ機会がなかったせいで
自分で何とかするべきだと思って
頑張ってきました。

これじゃ、頑張り屋さんが
よけいに不安になるのも
無理ないですよね。

依存的な愛


ただし、この
『愛する人は心と身体の調整機能である』が
依存的な愛になってしまうことがあります。

「愛される」ことばかりを
求めている場合です。

彼に愛されている?
私をもっともっと愛してほしい?
そうでないと不安いっぱいになる?


「愛され」ばかりを意識していると、


彼の愛情表現が足りなかったり、
よくわからない言動があるだけで、
不安いっぱいになって落ち込みます。


これが、
彼に依存している状態です。



わかりますか?

『愛する人は心と身体の調整機能である』
ということと、
『彼に依存していること』は
同じようで全く違うんですね。


もうそろそろ、
「愛され」ばかり
気にするのやめませんか?

彼への執着・依存を生む
愛され女子はやめませんか?

愛され女子でも
依存的でもなくて、


彼や夫の存在が生きる自信となり、
心と身体が安定する。

これは私たちにとって、
ごく自然なことなのです。

なぜならば人間は、
社会的な動物であるだけでなく、
他者との親密なつながりを
必要とする動物だから。

必要としてるんですよ、私たち。
『愛する人は心と身体の調整機能である』


依存的にならないために
重要なスキルはたったひとつ。


「愛すること」


それは、
「愛されスキル」ではない。
愛され女子ではないんです。



ここを間違えてしまうと、
自分のご機嫌は自分で取る
と頑張っているわりに、

「愛されているか」執着しているので
不安いっぱいになって、
どんどん苦しくなっていきます。
いつまでたってもつらいだけです。

さて、今日の
「自分の機嫌を取るなんてやめたほうがいい」
あなたはどう思いましたか?
この話、まだ続きがあります(笑)

でも現実には、
「彼にもっと大切にされたい」
「彼にもっと追いかけられたい」
不安でつらい気持ちかもしれません。

彼に自分から「好き」って言わないとか、
彼のLINEを既読スルーするとか、
やりつづけるのって、
しんどくないですか?
いつまでその気持ちで、
頑張り続けられますか?

もしも、あなたから
彼の気持ちがわからなくて
不安でつらい時間がなくなったとしたら、

あなたは彼とどんな時間を過ごして、
どんな気持ちになっていますか?
彼とどんなふうになっているでしょうか?

彼と一緒にいる時間も幸せ、
彼と一緒にいられない時間も幸せ。

あなたの人生が、
幸せな気持ちで満たされたら、
嬉しいですよね?


でも、今の愛し方では
自分を削ってつらいまま。
=======================
〜誰も教えていない愛のスキル〜
不安ゼロ恋愛のはじめ方
ココをクリックして登録
=======================
メールアドレスだけで
完全無料で読めます。




一生フォロー付き不安ゼロ恋愛、

好きになった、彼氏ができた、
結婚離婚、そして再婚(子連れ)。
どのステージでも一生フォロー。
すべて経験済みの私だからこそできるサービスです。

スクール情報はメールマガジンの読者様のみ
ご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA