メールマガジン限定記事<2>わたし、過去の恋愛はこんなんでした。

こんばんは、あなたの不安ゼロ恋愛を応援する
内田八千代・やっちーです。
昨日は私のメール講座にご登録いただき
ありがとうございました。

※静止画の音声をYouTubeで限定公開中※
音声で聞きたい方はココをクリックしてください。

昨日のメールで、この無料メール講座は
1.彼の言動から彼の気持ちを想像すると不安
2.彼の気持ちを確かめないと不安
3.彼の言動から悪い想像がふくらんで不安
4.彼に愛されているか不安
5.この先彼とどうなるのかわからない不安

そんな不安いっぱいの恋愛で悩んでいる方に
と書きましたが……これ実は全部、過去の私自身。

===============
私の恥ずかしい過去も公開!
「自爆女子がホンモノの愛を手に入れるには?」
===============

昨日のメールで、
私は3人の子供の母親で
離婚歴2回・結婚は今の夫で3回めと書きました。

実は今まで、結婚した旦那さんとも
離婚と結婚の間につきあった彼とも
とにかく親密になった関係の男性とは
常に不安がつきまとう状態でした。

向こうから好きといってきたのに
いつのまにか私が不安でいっぱいになる
というパターンばかり繰り返していました。

彼の気持ちを確認しないと不安。
いや、正確にいうと
彼の気持ちを確認しても
不安は消えませんでした。

彼が「好きだよ」と言ってくれても
不安が消えるのはその日だけ。
「あれってホントかな?」とまた不安になって
彼の気持ちを聞く。

これを繰り返されたら
彼だってしんどかったと思います。
「何回聞くの?」と冷たくなる人もいました。

冷たくなった彼の塩対応にパニックになる私。
そして、自爆。

「もう私のこと好きじゃないよね」
「はっきりいったらいいじゃない!」
「別れたいんでしょ!」

結局彼を問いつめて険悪な空気に。
今、思い出しても目がじわっと潤んでくるくらい
あの頃の感情はハッキリ覚えています。

彼にとっても自分にとっても
つらいだけの自爆を繰り返してきました。

恋愛って楽しくて幸せなものなのに。

あなたは、自爆したことありますか?
その時、どんなことを感じましたか?

私は、彼への罪悪感だけでなく自己嫌悪でつらくなりました。
彼にとって不愉快でしかない自爆。
わかってる。でもやめられない。

だって、彼の気持ちで不安になった時、
彼に聞くしかわからない。
悶々としてるのは耐えられない。
だから聞いてるのに安心させてくれないのはなぜ?

こうして、不安な恋愛ばかりしていた私は
いいかげん、何とかしたいと思いました。
そして、心理学・脳科学・コーチングなど
ありとあらゆる本を読み漁り、学びました。

そして様々な組み合わせを
繰り返し繰り返し試してみたところ、
ある組み合わせの時に、スッと心が軽くなりました。
しばらく続けていると、彼への不安な気持ちが
なくなっていることに気が付いたのです!

彼への不安がなくなってからの私は
自分でも驚くくらい、ひとりの時間が楽しくなりました。
不登校の娘のことで、積極的に学校へ行ったり
仕事も楽しくて売上が上がり始めました。
バツ2の頃のことです。

そして、当時おつきあいしていた年上の彼と
別れることを決めました。

私を束縛してくる彼の言動は
「愛情」だと思い込んでいたのですが、
違和感を感じるようになっていったのです。
彼自身は特に変わっていないのに。

そして、別れようと決めました。

いつも誰かがいないと不安で
彼氏が途切れたことのない私が
自分から進んで一人になるという
人生で初めての決断をしたのです。

もちろん、彼は納得しませんでした。
「ひとりで生きていけると思ってるの?」
「僕以外に君を理解できる男がいると思ってるの?」等
私の決断を優しい言葉で責めてきました。
今までなら「私みたいに面倒くさい女、彼しか無理なんだ」
と戻っていたはずです。

でも、別れる決心は揺らぎませんでした。

そうしてひとりになって数ヶ月経った頃、
今の夫と出会っておつきあいが始まりました。
電車で2時間半離れていたので
月に2回会えるかどうかの中距離恋愛。

当時の夫は海外出張も多く、
デートのキャンセルもしょっちゅうでした。

今までの私なら
「本当に好きなら会いにくるはず」と
悶々として、不安な夜を過ごすパターン。

それが、です。
会えないという彼の気持ちに
不安になることがないんです。

それどころか、仕事を頑張っている姿を想像して
素敵だなぁ(#^.^#)なんて思っていました。

LINEに既読がつかないのも気にならなくなり
「LINE見てよー!」と電話すると
「あー、見てなかった。何?結論だけ言って」
マメとは真逆の理系男子との恋愛だったのに

不安を感じないどころか
彼と一緒にいられない時間も楽しくなり、
彼と一緒にいる時間はもっと楽しい!
という私に変わっていたのです。
羽が生えて自由になったような気分でした。

そして、まさかのプロポーズ。
死別を経験したから結婚できないと言っていた
夫と結婚することになりました。
そして、今に至ります。

たかが不安と侮るなかれ。
「不安」な気持ちの「奪う強さ」
時間も気持ちも根こそぎ奪っていきます。
自分がすり減っていく。

その「不安」がなくなったことで
恋愛だけでなく仕事も子育てもうまくいくようになったのは
あなたは、ただの偶然だと思いますか?

もしも、あなたのその不安がなくなったら、
どんな気持ちになれると思いますか?
どんな彼とどんな恋愛をしていると思いますか?
そして、どんな人生を送っていると思いますか?

不安ゼロになった時の
あなたの姿を想像してみてください。
何か浮かんだ人はココをクリックして送ってください。
(メルマガでご紹介することがあります)

今日も1日お疲れ様でした。
ゆっくり眠ってね。おやすみなさい。